あかし要約筆記サークル

あかし要約筆記サークルの活動

要約筆記という活動を通して、難聴者の方々の一番の理解者に、そして支援者になれるよう、要約筆記の技術を高めるための学習を行い、要約筆記や聞こえについての啓発活動を行っています。サークル員は、要約筆記奉仕員講座、社会福祉協議会主催の入門講座(毎年2月頃全4回)、明石市や兵庫県主催の要約筆記者養成講座(全38回)を終えた、30歳代から80歳までの多彩なメンバー、約30名。明石市に登録している要約筆記者もサークルに所属しています。

定例会・学習会

日時:概ね毎週金曜日 10時~12時

場所:明石市立総合福祉センターにて

明石難聴者の会との交流学習会(年数回)

学習会

サークル学習会
(手書き)    第3金曜日 13時から
(パソコン) 第4火曜日 10時から

意思疎通支援者の会 学習会
(手書き)    第1金曜日 13時から
(パソコン) 第2火曜日 13時30分から

明石市意思疎通支援者研修会(年9回)

その他、
「ひょうご手書きの会」
「PC要約筆記ひょうご」などの研修会、学習会に参加。

交流・啓発

・明石難聴者の会との交流

聞こえのサロン(明石)への参加

・体験教室など、要約筆記の啓発活動

・ボランティアフェスタ参加

・「ウィズあかし」への参加・協力

・福祉学習での出前講座

通訳活動

・明石市意思疎通支援事業(個人登録)

・地域活動支援センター事業でのノートテイク

・障害者交流運動会でのノートテイク

聞こえのサロン(明石)おしゃべり会での要約筆記

その他

要約筆記ボランティア活動